ブランド古着の買取サービス

カインドオルの古着宅配買取

Dior Homme / ディオールオム

Dior Hommeは2001年にChristian Diorのメンズウェアラインとしてスタートしたブランドです。中古市場でも非常に人気の高いブランドです。

当初はアーティスティックディレクターにイブ・サンローランでメンズウェアラインのデザイナーを担当していたエディ・スリマンが抜擢され、ブランド立上げ時のデザイナーを担当していました。

Dior Hommeはファーストシーズンからセンセーショナルで、世界中にディオールオム旋風を巻き起こし話題になりました。

「男たちにもっと洗練され、もっと魅力的になって欲しい」とデザイナーのエディ・スリマンは語っており、色彩は黒を基調としたロックテイストで、レザータキシード、細身のジャケットなどの非常にタイトなシルエットの作品を発表しました。

細身のデニムやスキニージーンズも人気を博し、そのスタイルは多くのデザイナー達に多大な影響を与え、一つのトレンドを生み出しました。

ディオール・オムが着たいからという理由で、シャネルのデザイナーであるカールラガーフェルドがダイエットした話はあまりにも有名です。コレクションは世界中から喝采を浴び、日本でも多くの雑誌やメディアに取り上げられ、多くの芸能人やファッション人がディオールオムを着て大人気となりました。エディ時代の名作と言われている4ポケットレザーブルゾンは現在でも高値で買い取られているアイテムの一つです。

2008年S/Sシーズンからデザイナーにクリス・ヴァン・アッシュが就任。以前のロックでエッジなモードスタイルから、エレガントでクラシカルなイメージを打ち出しました。「基本に戻った新しいエレガントなスタイル」とアッシュは表現しており新たなDior Hommeとしてまた人気が高まっています。

特に、アッシュがデザイナー就任してからの1番の人気アイテムのBlackRipperJAKEデニムなどは中古市場でも希少価値が高く、人気のアイテムです。

細身、ロックテイストという流行を作り出し、一躍メンズウェアラインのトップブランドにまで駆け上がったDior Homme、現在も人気が衰えることなくその地位を守り続けています。