ブランド古着の買取サービス

カインドオルの古着宅配買取

GIORGIO BRATO / ジョルジオ・ブラット

GIORGIO BRATO(ジョルジオ・ブラット)は、イタリアのファッションブランドです。
2003年にデザイナー、ジョルジオ・ブラットによってブランド活動を開始しました。
ブランド名は、デザイナーの名前であるジョルジオ・ブラットが由来となっています。
このブランドは、父親の事業を引き継いだかたちとして開始されました。

主に、レザー製品を扱っていますが、レザーを用いない製品を扱うブランド「WLG by GIORGIO BRATO(ダブルエルジー・バイ・ジョルジオ・ブラット)」も別ラインとして展開しています。

ジョルジオ・ブラット自身、レザーに関する職人の家系に生まれました。
そのため、ブランド展開を開始する以前より、ジョルジオ・ブラットは、革を扱う職人として長年経験を積んでいました。
その経歴から、身につけられた技術は、大変高度なものとなっていて、高く評価されています。
そして、それを活かしたブランドGIORGIO BRATOも同様に、経験に裏打ちされた確かな革の技術によって、高い品質の製品を世に送り出しています。

GIORGIO BRATOは、革素材のなめし技術にも長けています。
とりわけ、植物のみを利用したなめし方法である、「ベジタブルタンニング」は、GIORGIO BRATOの得意とするところです。
このなめし方法を利用したGIORGIO BRATOのレザー製品は、使用すればするほど、その良さを堪能できるものとなっています。
この技法は、GIORGIO BRATO製品に幅広く適応されています。

自然の植物によるタンニング「ベジタブルタンニング」を用いて製造される、GIORGIO BRATOの製品は、その使用の時間が長くなればなるほど、それぞれの個性が際立っていきます。
素材へのこだわりと、確かな技術によって、ジョルジオ・ブラットの才能が活かされた製品となっています。