ブランド古着の買取サービス

カインドオルの古着宅配買取

Cartier / カルティエ

カルティエとは1847年に創立したフランスのジュエリー・高級時計ブランドです。「王様達のジュエラーであるなら、ジュエラーの王様である」と言われる伝統と格式のあるブランドです。
フランス、パリのモントルゲイユ29番地に宝石細工師のルイ・フランソワ・カルティエが設立しました。現在はリシュモングループの傘下に入っています。
ルイ・フランソワ・カルティエは、師匠から受け継いだアトリエからスタートし、1859年にはフランス王室、1904年にはイギリス王室やスペイン王室、1905年にはポルトガル王室など、瞬く間にヨーロッパ各国の王室御用達のジュエラーとなり、1939年までの間に15カ国の王室御用達の勅許状を拝命しました。そのうち9王室の紋章がパリ本店の各入り口に現在も掲げられています。

1904年、3代目のルイ・カルティエは友人である飛行家サントス・デュモンに依頼され、飛行機の中で使えるレザーストラップの新しい腕時計「サントス」を製作。これをきっかけに、宝石だけでなく腕時計の分野にも進出しました。
この「サントス」が世界初の腕時計と言われています。

1906年には初の量産型腕時計「トノー」を製作し、1908年には「C」を組み合わせたロゴマークが誕生しました。

3連リングの「トリニティ・リング」、上記にもある「サントス・ウォッチ」、パリ解放を記念し製作された「タンク・ウォッチ」がカルティエを代表するアイテムで、今なお絶大な人気を誇っています。

2003年には東京・銀座に売り場面積が世界最大の「カルティエ・ギンザ」がオープンし、2008年には世界初のオンラインショップを日本からスタートさせています。