ブランド古着の買取サービス

カインドオルの古着宅配買取

KATO’ / カトー

KATO’(カトー)は、ジーンズ、デニム製品を中心にして活動を展開している日本のファッションブランドです。
このKATO’は、1999年に、デニム関係の業界において、世界的に活躍してきたデザイナー加藤博によって始められました。ジーンズ、デニムを中心に扱っているため、系統としてはアメリカンカジュアル、いわゆるアメカジに近い雰囲気を味わえるアイテムが多いです。

現在では、様々な派生ブランドも登場しており、それぞれの根底に、KATO’の想いが流れています。

アメカジ系統のファッションにある魅力と言えば、やはり、お堅い印象になり過ぎない、良い意味でのルーズ感、ラフ感でしょう。
KATO’のアイテムも、このメリットを活かしており、スタンダードなデザインを基盤にしているため、アメカジファッションの良さを存分に味わえます。

とはいえ、世界レベルで活躍する、デニムデザイナー加藤博の手によるものだけあって、KATO’のファッションアイテムは、単なるカジュアル感、ラフ感があるアイテムの範囲に留まりません。
計算されつくした、緻密な一品となっています。
単なる表面的な形だけではなく、洗浄の段階までを考慮に入れたうえで、計算的にデザインされた、加藤氏によるアイテムは、世界的にも有名です。

さて、KATO’は、「TOOL PROJECT」「5感で感じる服」というコンセプトを提示しています。
これは、加藤氏の綿密な計算によるアイテムを、着用者が使用していけばいくほど、そのデニム製品が着用者と一体化していくことを意味しています。
このことは、ある意味では、多くの可能性が、KATO’製品自体に眠っているとも言えましょう。
着用する人によって、様々な顔、個性を覗かせてくれるブランド、それが、KATO’です。