ブランド古着の買取サービス

カインドオルの古着宅配買取

Longines / ロンジン

ロンジンとはスイスの時計メーカーです。
1832年、スイス・サンティミエでオーギュスト・アガシによりロンジンの前身である時計組み立て会社、レギュル・ジュンヌ・アガシ商会が設立され始まりました。
1862年から甥のアーネスト・フランシロンが経営を引き継ぎます。彼は、当時ほぼ家内工業だった生産体制の見直しと改善を行い、時計メーカーとして初めて自社一貫生産の体制を確立しました。

1867年、初の自社製ムーブメント、L20Aを発表。また、ブランドロゴの有翼の砂時計のマークが使われるようになり製品に刻印され始めます。
1880年には懐中時計の文字盤にPatent Longinesという文字が刻まれ、ロンジンをブランド名に。
1885年、アントワープの万国博覧会でグランプリを受賞。その後も数々の万博でグランプリや金賞を獲得。
1889年、ロゴ、有翼の砂時計をスイス特許局に登録。
1896年の第一回五輪の公式時計、1933年には最初のF1レースブラジルGPの公式時計を担当、1905年には初の腕時計を発表しました。
1927年にはリンドバーグの単独・大西洋無着陸横断飛行をサポート、その後のアムンゼンの北極海探検と南極点到達もロンジンの時計が使われました。そして1912年のスイス国体、1926年のジュネーブでの国際馬術競技会など多数の公式時計に採用されました。
また20年代にはアール・デコ様式のコレクションやダイヤモンドやサファイアなどを使った宝飾時計も発表。ダイヤモンドのアワードでも数々の賞を受賞しました。
1982年、創立150周年を記念して、アガシを発表。
2001年、ドルチェヴィータダイヤモンドを発表。ダイヤモンドを散りばめられたラグジュアリーな女性用の腕時計で話題になりました。