ブランド古着の買取サービス

カインドオルの古着宅配買取

Salvatore Ferragamo / サルヴァトーレ・フェラガモ

サルヴァトーレ・フェラガモは、イタリアのファッションデザイナーです。
1927年、サルヴァトーレ フェラガモが自身の名を冠したブランド「サルヴァトーレ フェラガモ」を設立しました。靴をメインとして、現在ではバッグ、財布、香水など、トータルファッションブランドとなっています。

最初に彼が靴を作ったのは9歳の時で、教会の儀式に参加する妹の靴でした。11歳の時、自宅で靴屋を開業し、15歳でアメリカ、ボストンに渡米。
その後、カリフォルニアに移り、足を痛めない靴を製作するため、南カリフォルニア大学で解剖学を修めました。
映画の衣装として靴を製作し始め、マリリン・モンロー、オードリー・ヘプバーンなど大物ハリウッド女優達を顧客にし「スターの靴職人」と名声を集めます。 1927年、イタリアに帰国し、フィレンツェで「サルヴァトーレ フェラガモ」を開業。
1933年、大恐慌の余波を受け、一度倒産しましたが、イランのソラヤー元王妃などの王侯、インドのマハラジャなどの貴族や、有名人の顧客を獲得して、見事復興します。

1947年には、甲部を透明なナイロン糸で作った、革命的と言われた「見えない靴」や、ウェッジ・ヒール、フラットフォーム・ソールの靴など次々と発表し数々の特許を取得しました。

1960年、サルヴァトーレ フェラガモが死去。彼の死後もブランド、フェラガモは、妻や子供達に受け継がれ、67年には、次女のジョバンナ中心となり、レディス、メンズのプレタポルテをスタートします。

サルヴァトーレは、靴職人としてのこだわりを強く持ち、履き心地のよい靴を信条とし、顧客の足に触れただけでその人物の体調すらわかったと言われています。